研究

研究の独創性・特徴

神の子池森林これまでの森林の保健休養機能に関する諸研究では、制限された環境条件下において、森林関係の男子学生や森林ボランティア経験者等を対象に、単発的な手法が数多くなされてきていました。
それに対して、私の研究は、日常生活や職場等で森林環境に関わりが少ない一般社会人や女性を主な対象とし、定期的かつ長期的な継続研究を行い、森林における保育作業とそれによってもたらされる森林風致の変化が対象者の心身に与える影響を研究してきました。
現在の研究は、身近な森林環境を散策しながら、その環境の中にある要素を利用しながらカウンセリングを行う「森林散策カウンセリング」という事例研究を行っています。
以下1.~2.はこれまでの研究内容を、3.は現在行っている研究内容を示します。

1. 地域の放置林を活用した保健休養の研究

現在、わが国では、間伐などの適切な管理がされず、放置されたままの森林(放置林)が増加しています。それらの放置林を活用し、2010年からの3年間にわたり、一般社会人を被験者にして、森林の保育作業(間伐、玉切り、木材運搬作業)による林内の光環境や風致景観の改善を目的とした森づくりを行い、それに伴う被験者のストレスと気分変化について調査を行いました。

被験者は、2010年度は、森林に不慣れな都市部で働く30代の社会人(男性2名、女性3名の計5名、山梨県小菅村にて、半年間の調査)、2011~2012年度は、都市部で働く30代~50代の社会人(男性3名、女性9名の計11名、山梨県大月市にて、1年半の調査)でした。

調査研究の方法は、被験者のストレス尺度として、唾液中に含まれる消化酵素の一つである唾液アミラーゼを測定し、被験者の気分評価を「活気」「いらだち感」「不安感」「疲労感」「抑うつ感」「爽快感」「緊張と興奮」の7カテゴリーから構成されるオリジナルの気分調査票を使用し、気分の変化を表しました。

研究の結果、①林分密度や光環境は、継続的に保育作業を行う期間が長いほど、着実に改善されていき、②その林内環境の改善とともに継続的に保育作業を行った被験者の多くは、気分状態が改善され、③その場所の風致評価も高くなっていったこと、また、④継続的に保育作業を行った被験者ほど、気分評価の項目間の相関関係が高い被験者がみられ、⑤唾液アミラーゼについては、個人差が大きいことが示されると同時に、⑥気分評価との相関関係はみられない被験者が多かったことなどが明らかになりました。

2. 森林の保育作業による保健休養効果に関する研究

2011年、2012年の2年間、東京農業大学富士農場の広葉樹植栽試験地を利用し、同学学生を被験者として、森林内の散策および林内の森林整備作業(広葉樹植栽地での下刈り作業)前後の保健休養効果について調査を行いました。

被験者は、2011年は、男子学生3名、女子学生3名の計6名、2012年は、男子学生15名、女子学生14名の計29名でした。調査研究の方法は、上記の1.と同じです。

研究の結果、森林散策と同様の保健休養効果は下刈り作業で得られず、また唾液アミラーゼと気分評価にでは個人差のばらつきが大きく、対象者の人数が多くなるほど、その個人差が大きくなることが示されました。

上記の1.2.の研究結果から、森林の林分密度の減少と光環境の改善は、被験者の気分状態を向上させられる働きがあること、森林の保育作業やリラクセーションを行うことによる被験者の行動パターン化や傾向を明らかにすることは難しく、全ての被験者にとって般化することができないことが示されました。森林における保健休養効果には、被験者の自然・森林に対する興味や、抱えている問題、体調、成長過程などにより差異があることが考えられ、むしろ対象者一人一人の抱える背景や変化を詳しく把握していく必要性があることも示されました。

 

3.森林公園を活用した女性の保健休養に関する研究

働く女性は、職場や家庭において多くの役割を担っており、男性とは異なるストレス を抱えています。年々働く女性の人口は増えており、彼女らのメンタルヘルスも注目され、保健休養のニーズは高いことが考えられます。保健休養の一つの場として「森林」も、その可能性を持っていると考えます。しかしながら、これまで働く女性に焦点をあてた森林の保健休養についての長期的な調査研究は少ないのが現状です。
この研究では、都市部で働く女性を対象に、身近な森林公園を利用した森林散策カウンセリングを行っています。頻度は、1名につき、月に1回、1時間、計12回の1年間行っています。被験者の変化、同行者(カウンセラー)との関係、その効果について考察を行います。被験者の効果の尺度には、ストレス反応(唾液アミラーゼ)の測定と、気分評価の記入を行い、森林の対照として職場においても同様の測定を行い、街中での散策カウンセリングも行っています。

4. 研究実績

 1.研究論文(学位論文を含む)

12.The essential elements of a counseling method utilizing familiar forest environment
-Case studies of forest walking counseling and attentive listening-(2017)
Hiroe TAKEUCHI, Satori NAGAI, Mariko KAWABATA, Iwao UEHARA
Kanto Journal of Forest Research Vol.68(2):pp105-108

11.森林散策カウンセリングについての研究
東京農業大学大学研究科林学専攻 博士論文(2017.3)

10.里山を使用した傾聴散策カウンセリングの試み
~長時間勤務の女性を対象として~(2016)
竹内啓恵・長井聡里・川畑真理子・上原巌 森林保健研究 第1号:pp.14-24

9.大阪府営服部緑地を利用した傾聴散策カウンセリングの試み (2016)
竹内啓恵・長井聡里・川畑真理子・上原巌 東京農業大農学集報 第61巻第2号:pp.84-92

8.働く女性を対象とした森林での傾聴散策カウンセリングの試み(2015)
竹内啓恵・長井聡里・川畑真理子・上原巌 関東森林研究 第66巻第2号:pp.257-261

7.都市部の森林公園を活用した働く女性の保健休養の事例(2014)
竹内啓恵・上原巌 関東森林研究 第65巻第2号:pp.237-240

6.放置林での林内作業による気分・ストレス変化
東京農業大学農学研究科林学専攻 修士論文 (2013.3)

5.森林を学ぶ学生を対象とした下刈り作業と森林散策における気分・ストレスの比較(2013)
竹内啓恵・佐藤明・上原巌 関東森林研究 第64巻第1号:pp.1-4

4. Antibacterial effects of volatile fragrance and distilled water of Cinnamomum camphora leaves .
UEHARA Iwao, KURAMOTO Masatoshi, TAKEUCHI Hiroe, TANAKA Megumi (2013)、 中部森林研究  61巻:pp. 171-174

3.The growth of Ginkgo biloba and Populus nigra cuttings by providing distilled water of trees
Iwao UEHARA, Masatoshi KURAMOTO, Hiroe TAKEUCHI, Megumi TANAKA(2013) 関東森林研究 第64巻 第1号:pp.73-76

2.埼玉県秩父市役所職員を対象とした森林療法ワークショップの事例
上原巌・竹内啓恵(2012) 関東森林研究 第63巻第2号:pp.153-157

1.森林を学ぶ学生を対象とした森林散策と下刈り作業との気分・ストレスの比較
竹内啓恵・上原巌・佐藤明(2012) 関東森林研究 第63巻第2号:pp.149-152

 2. 学会口頭発表・ポスター発表

43.映画にみるカウンセリング
上原 巌・竹内啓恵 日本カウンセリング学会第52回大会(於. 北海学園大学)

42.大学演習林を利用した地域住民との森林散策カウンセリングの事例
竹内啓恵・林 潔・上原 巌 日本カウンセリング学会第52回大会(於. 北海学園大学)

41.都市公園を利用した職場のメンタルヘルス対策~若手社員を対象とした散策セミナー~
竹内啓恵・長井聡里・川畑真理子 第9回日本森林保健学会学術総会(於.東京農業大学)

40.森林環境と心の健康づくり
竹内啓恵 2019.6.22 日本森林保健学会「森林と健康」シンポジウム (於.東京農業大学 横井講堂)

39.山中湖に暮らす地域住民の「森林と健康」に関する意識調査
竹内啓恵・藤原章雄・斎藤暖生・高山範理・森田えみ 第130回日本森林学会大会学術講演集(於.朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター)

38.森林散策カウンセリングについて
竹内啓恵 2018年度東京大学富士癒しの森研究報告会(公開講座)(於.山中湖村役場老人福祉センター)

37.大学演習林を利用した森林散策カウンセリングの試み
竹内啓恵 2018年第13回大学間里山交流会要旨集(於.富士吉田市立青少年センター赤い屋根)

36.Understanding tne needs of residents and the potential of local forest as resources to support health of local residents
Akio FUJIWARA, Hiroe TAKEUCHI, Haruo SAITO
The 8th Symposium of Asian University Forest Consortium (at Seoul National University, Seoul, Korea)

35.社有林を利用した森林散策カウンセリング
―役職に就く女性職員の事例―
竹内啓恵・上原巌 日本カウンセリング学会第51回大会(於.松本大学)

34.山中湖村で取り組み始めた森活で健康(もりかつでけんこう)プロジェクトの紹介」
藤原章雄・齋藤暖生・竹内啓恵 第8回日本森林保健学会学術総会(於.東京農業大学)

33.パートタイムの主婦を対象とした長期的森林散策カウンセリングの事例
竹内啓恵・川畑真里子・上原巌 第129回日本森林学会大会(於.高知大学)

 32.森林散策カウンセリングにおけるカウンセラーの役割
竹内啓恵・長井聡里・川畑真理子・上原巌 第7回関東森林学会(於.かながわ労働プラザ)

31.社有林を利用した職員のメンタルヘルスに対策に向けての森林散策カウンセリング
―ベテラン女性職員の事例―
竹内啓恵・上原巌 日本カウンセリング学会第50回記念大会 ポスター発表
(於.跡見学園女子大学文京キャンパス)

30.IT企業の社員を対象とした職場の身近な自然環境を利用した15分間のリフレッシュ効果
竹内啓恵・長井聡里・川畑真里子・上原巌 第7回日本森林保健学会学術総会(於.東京農業大学)

29.パートタイムの主婦を対象とした傾聴散策カウンセリングの事例
竹内啓恵・川畑真里子・上原巌 第128回日本森林学会大会(於.鹿児島大学)

28.The effect of walking and attentive listening counseling utilizing urban forest parks
Hiroe TAKEUCHI, Satori NAGAI, Mariko KAWABATA, Iwao UEHARA
IUFRO Regional Congress for Asia and Oceania 2016 (at China National Convention Centre, Beijing, China)

27.身近な森林環境を利用したカウンセリングの特徴
「傾聴散策カウンセリング」の事例から
竹内啓恵・長井聡里・川畑真理子・上原巌 第6回関東森林学会(於.千葉市民会館)

26.森林公園を利用した「傾聴散策カウンセリング」の特徴とその事例
竹内啓恵・上原巌 日本カウンセリング学会第49回大会(於.山形大学)

25.森林環境を利用した傾聴散策カウンセリングの特徴
竹内啓恵・長井聡里・川畑真理子・上原巌 第6回日本森林保健学会(於.東京農業大学)

24.自然に関わる職業の女性を対象とした傾聴散策カウンセリングの試み
竹内啓恵・長井聡里・川畑真理子・上原巌 第127回日本森林学会(於.日本大学)

23.働く女性のための森林公園を利用した保健休養の効果と汎用性
竹内啓恵・上原巌 東京農業大学総合研究所 平成26年度博士後期課程研究支援制度研究成果発表会(於.東京農業大学)

22.身近な森林公園を使用した傾聴散策カウンセリングの試み
竹内啓恵・長井聡里・川畑真理子・上原巌 第5回関東森林学会(於.茨城県立県民文化センター)

21.身近な森林公園を利用した傾聴散策カウンセリングの事例
竹内啓恵・上原巌 日本カウンセリング学会第48回大会(於.環太平洋大学 第1キャンパス)

20.里山を利用した傾聴散策カウンセリングの試み~長時間勤務の女性を対象として~
竹内啓恵・長井聡里・川畑真理子・上原巌 第5回日本森林保健学会学術総会(於.東京農業大学)

19.服部緑地を活用した傾聴散策カウンセリングの取り組み
竹内啓恵・長井聡里・川畑真理子・上原巌 第126回日本森林学会大会学術講演集(於. 北海道大学)

18.大阪府営服部緑地を利用した傾聴散策カウンセリングの試み
竹内啓恵・長井聡里・川畑真理子・上原巌 第4回関東森林学会大会講演要旨集(於. KKR甲府)

17.都市部の森林公園を利用した傾聴散策カウンセリングの試み
竹内啓恵・上原巌 日本カウンセリング学会第47回大会発表論文集(於.名古屋大学)

16.代々木公園を利用した散策カウンセリングの試み
竹内啓恵・長井聡里・川畑真理子・上原巌 第4回日本森林保健学会学術総会(於.東京農業大学)

15.放置林の長期的手入れ作業におけるストレスと気分の変化
竹内啓恵・上原巌 第125回日本森林学会大会学術講演集(於.大宮ソニックシティ)

14.都市部の森林公園を活用した働く女性の保健休養の事例
竹内啓恵・上原巌 第3回関東森林学会大会講演要旨集(於.ルミエール府中)

13.放置林での林内作業による気分・ストレス変化
竹内啓恵 第3回日本森林保健学会学術総会(於.東京農業大学)

12.放置林での保育作業による林内空間の変化と作業前後の気分、ストレス変化
竹内啓恵・佐藤明・上原巌  第124回日本森林学会大会学術講演集(於. 岩手大学)

11.室内と野外での話し合いの比較
上原巌・竹内啓恵 日本カウンセリング学会第45回大会発表論文集(於.麗澤大学)

10.森林の学生を対象とした森林散策と下刈り作業における気分・ストレスの比較
竹内啓恵・佐藤明・上原巌 第2回関東森林学会大会講演要旨集(於.(財)燕三条地場産業振興センター)

9.芳香蒸留水を施用した挿し木苗の養成
上原巌・倉本真峻・竹内啓恵・田中恵 第2回関東森林学会大会講演要旨集(於.(財)燕三条地場産業振興センター)

8.クスノキの葉の抗菌作用
上原巌・倉本真峻・竹内啓恵・田中恵 第2回中部森林学会大会学術講演集(於.信州大学)

7.都市部のみどりを活用した女性の健康
竹内啓恵 第2回日本森林保健学会(於.東京農業大学)

6.保健休養を主目的とした放置林の保育施業管理
上原巌・竹内啓恵 第123回日本森林学会学術講演集(於.宇都宮大学)

5.森林と働く女性
竹内啓恵・上原巌 第123回日本森林学会学術講演集(於.宇都宮大学)

4.森林を学ぶ学生を対象とした森林散策と下刈り作業との気分・ストレスの比較
竹内啓恵・上原巌・佐藤明 第1回関東森林学会大会講演要旨集(於.群馬県社会福祉総合センター)

3.埼玉県秩父市役所職員を対象とした森林療法ワークショップの事例
上原巌・竹内啓恵 第1回関東森林学会大会講演要旨集(於.群馬県社会福祉総合センター)

2.放置林の保育作業に伴う林内空間の変化と都市部で働いている社会人を対象とする作業従事者の気分、ストレス変化の考察
竹内啓恵・佐藤明・上原巌 第122回日本森林学会学術講演集(於.静岡大学)

1.東京近郊の放置ヒノキ林を活用した森林療法ワークショップ
竹内啓恵・佐藤明・上原巌 日本森林学会関東支部 第62回支部大会 ポスター発表 (於.宇都宮大学)

 3.学術関係受賞

3.(一社)日本カウンセリング学会 大会発表継続賞
2019年8月18日 一般社団法人日本カウンセリング学会

2.関東森林学会 学生優秀論文賞
題目:身近な森林環境を利用したカウンセリングの特徴
―「傾聴散策カウンセリング」の事例から―
関東森林研究68巻第2号:105-108
2017年10月24日 関東森林学会

1.日本森林保健学会 奨励賞
2017年6月24日 特定非営利活動法人日本森林保健学会

 4.その他 服部緑地公園

・特集 森で心を整える
「森林散策カウンセリング」を試してみました
森から力をもらうカウンセリング
JAICO 産業カウンセリング 12(2017.No356)pp.4-6

・山梨の森は今 7 第3部変わる環境
(修士論文調査の慣用記事)山梨日日新聞 2版地域(19)平成24.3

・大月の森林 癒し効果は? 東京農大生ら 散策参加者を調査
(修士論文調査の慣用記事) 山梨日日新聞 2版地域(20)平成23.6

5. 社会活動

日本森林学会関東支部(現、関東森林学会)
日本森林学会
日本森林保健学会
日本産業カウンセリング協会
日本カウンセリング学会
日本森林技術協会
日本カウンセリング学会 認定カウンセラー会

6. 社会貢献

特定非営利活動法人日本森林保健学会事務局(2017年4月~現在 )
一般社団法人日本森林学会主事:ダイバーシティ推進担当(2018年5月~現在)

 

 

Copyright(c) 2013-2019  Hiroe Takeuchi, All Rights Reserved.