偶然の贈り物

2014-06-24

先月、定期調査で大阪へ行ったときのことです。

街の本屋さんから宿泊先へ戻ろうとした時、
ゆらゆらと揺れ動く、小さな炎の集まりに出会いました。

キャンドルナイト大阪

夕闇からだんだんと暗さが増していくなか、
ひとつひとつの炎の色も、柔らかいものから
はっきりとした明るさへと変わっていきました。

 

 

キャンドルナイト大阪

夜という「暗さの変化」に伴った「炎の色の変化」に
出会い、嬉しさとやすらぎを感じたひとときでした。

 

 

Copyright(c) 2013-2020  Hiroe Takeuchi, All Rights Reserved.