研究

2014-06-19

博士後期課程に進み、2年目となりました。
だんだんと自分の研究において焦りを感じてきている
(外見からはそうは見えないらしいのですが。いいのか、悪いのか…)
今日、このごろです。

とは言え、実習の手伝いや調査、研修会などで
森へ出かけると、そういう気持ちが軽減されるように思います。
そして、研究のヒントが見つかるようにも思います。

同じ森の中でも、林冠から入る光や樹木の種類によって
その森が「暗い印象」だったり、

青梅の森

「明るい印象」にもなったりします。

青梅の森

また自分が立つ場所や見ている角度によって、
その印象が変わります。

青梅の森

行き詰りを感じたら、多面的に、柔軟に、自分の思考を変える
ことが大切なのでは?、と言われているようにも思います。

シンプルに考えるようにしていきたいと思いますね。

 

 

 

Copyright(c) 2013-2020  Hiroe Takeuchi, All Rights Reserved.